実績紹介

実績紹介の詳細写真をご覧いただくには、
弊社が不定期で配信しているメールマガジン「大学生実情レポート」への登録が必要になります。 
ご登録後にID/パスワードを発行いたします。
尚、個人情報はID、パスワード発行、「大学生実情レポート」の配信以外の目的以外の利用は
いたしません。

企業名
お名前
メールアドレス

業種別一覧 [食品]

図1

チョコレートバー 学食トレイ

■展開内容:スナックバーの宣伝
■実施時期:5月
■実施規模:首都圏10キャンパス
■反応効果:キャンパス毎の通学人数を基に掲載枚数を決め効率よく露出
新生活の時期が落ち着いた頃で他の広告が少ない時期だったので目立った

詳細を見る


写真1

大手飲料メーカー 学食ジャック

■展開内容:学食トレイ、キャンパスポスターの実施とあわせて、学食メニュー(スパゲッティ)にクライアント商品のネーミングをつける。メニュー購入者に対して食堂スタッフからカフェラテとリーフレットを直接手渡しで配布。
■実施時期:11月~12月
■実施規模:首都圏5校10000本
■反応効果:学食の利用者が通常期の約1.5倍に伸びる
通常1日40食程度しか出ないメニューも、ネーミングを付けることで約2倍の80食程度の売り上げに。

詳細を見る


写真1

大手調味料メーカー 学食ジャック

■展開内容:食品による健康促進の啓蒙。「クライアント商品×丼ぶり」メニューのコラボ。
■実施時期:通年
■実施規模:首都圏各回3校
■反応効果:プレスリリースでも反響があり継続的に実施
アンケートの結果、商品の使用経験があまりない学生に対して、今後の使用意向が約40%高まり、クライアントから大好評。

詳細を見る


写真1

大手食品メーカー 学食ジャック

■展開内容:新商品のサンプリング
■実施時期:11月
■実施規模:全国16校 50,000個
■反応効果:学食配膳口よりサンプリング
食事と親和性の高い商品の配布だったので2週間で配布終了。大学によっては3日で配布が完了したところもあった。学食の職員も配布しやすく、学生にも大変好評であった。

詳細を見る


写真1

大手飲料メーカー 学食ジャック

■展開内容:新商品エナジードリンクの食堂・購買職員によるサンプリング
■実施時期:4月
■実施規模:名阪3大学 4,200本
■反応効果:以下大学で実施
名古屋学院大学 1日で1,000本
摂南大学    1日で2,000本
大阪商業大学  1日で1,200本

詳細を見る


1

大手飲料メーカー デザインリレーコンペ キャンパスアドボード・キャンパスポスター

■展開内容:飲料メーカー(飲料水)の動画リレーコンペ
■実施時期:10月             
■実施規模:全国6大学
■反応効果:美術系、音楽系、映像系の大学にターゲットを絞り実施。

詳細を見る


写真1

大手食品 学内・学食キャンペーン

■展開内容:カップヌードルに氷を入れて食べる「アイスカップヌードル」の大学試食キャラバン
■実施時期:7月
■実施規模:首都圏7校14日間実施
■反応効果:長蛇の列になるほど大盛況
1日最大400食×14日間の合計5,600食の無料配布ができた

詳細を見る


写真1

大手飲料メーカー 学内・学食キャンペーン

■展開内容:新商品エナジードリンクのサンプリング
■実施時期:4月
■実施規模:東阪3大学 17,000本
■反応効果:以下大学で実施
関西大学   3.5時間で6,500本
大阪工業大学 5時間で4,500本
國學院大學  7時間で6,000本

詳細を見る


IMG_3980

製薬会社 学内・学食キャンペーン

■展開内容:東京・神戸の女子大でダイエットサポート飲料を配布
■実施時期:11月
■実施規模:東京・神戸 女子大2校
■反応効果:1校1日1,000本 合計2,000本配布
10:30~13:00の2.5時間で両校とも1,000本配布完了
その場でSNSで発信してもらうキャンペーンでは1校あたり20~30件程度の応募があった

詳細を見る


IMG_4509

大手食品メーカー 学内・学食キャンペーン

■展開内容:お湯を注いで作るカップカレーの試食サンプリング
■実施時期:11~12月
■実施規模:首都圏10校10日間
■反応効果:学生に自分で調理してもらう試食イベント。
どの大学でも長蛇の列ができる大盛況で、計6,234食を提供。

詳細を見る


IMG_9327

大手製薬メーカー 学内・学食キャンペーン

■展開内容:大学キャリアセンター内でサンプル配布
■実施時期:7月~9月
■実施規模:首都圏・関西圏4大学
■反応効果:キャリアセンターを利用した就活生に対して、サンプルを合計4,000個配布した。期間中に学生の口コミで広まる大学もあり、キャリアセンターを利用する1つのきっかけになるとのことで大学側からも良好な反応があった。

詳細を見る


2585516

大手製薬会社の食品部門 その他学内メディア・メディアミックス

■展開内容:
1.環境問題に関心のある学生団体を東京・名古屋・大阪に各8~10団体、約50名づつを集め、それぞれの会場で環境に関するサミットを開催。各サミットにて、大豆を使用した学食メニューを考案。
2.東京は明治大学、大阪は関西大学、名古屋は南山大学の学食にてメニュー提供をする企画・交渉を行う。
3.各校で、POP・ポスター・学食トレイを使用した告知。
4.各校で発行されている学生フリーマガジン団体による取材。
5.学生が考案したメニューを注文した学生にはもれなく栄養食品をレジにて提供。
■実施時期:5月~10月
■実施規模
東名阪 トレイ広告 3校1500部 ポスター サミット会場込み 3エリア60枚 POP 3校 60部 
■反応効果:学生にも食堂にも好評で、日経MJにも取り上げられ、プロモーションだけでなく、サミットを通じて大学生の生の声を吸い上げる事ができた。

詳細を見る


1

大手飲食チェーン その他学内メディア・メディアミックス

■展開内容:ポスター・POP・ボックス設置
■実施時期:7月             
■実施規模:首都圏2校
■反応効果:購買で販売のある大学に絞って実施ができた。

詳細を見る


IMG_8519

飲料メーカー その他学内メディア・メディアミックス

■展開内容:学食でカフェラテをサンプリング+リーフレットを学食ポケットに設置
■実施時期:5月
■実施規模:首都圏1校 5,000本
■反応効果:カフェラテは約2週間で消化。
Twitterやインスタグラムで学生の投稿が見られた。

詳細を見る


O6QDF3ekMCGpeny1413515897_1413515907

カップラーメン サークルサンプリング

■展開内容:カップラーメンの配布
■実施時期:8月
■実施規模:7,200個
■反応効果:配布したその場でお湯を入れて食べている学生がいたほど好評
夏休み期間中だった為、サークルの活動場所に持って行って配布

詳細を見る


写真1

大手乳製品メーカー サークル手配

■展開内容:「どっちの焼きプリン?半熟派×固焼派」と題したプロモーションで、半熟派プリンをチアリーディング、固焼派プリンを応援団に応援してもらい動画CMを作成
■実施時期:2月
■実施規模:2団体
■反応効果:出演交渉が極めて難しい2つの団体を同時に手配
それぞれの学生らしい応援スタイルのパフォーマンスがとても好評
チアリーディングの動画が応援団の約3倍の再生回数に達する

詳細を見る


1

製菓店 サークル手配

■展開内容:高級かりんとうの販促
約150人が所属する慶應大学で最大のダンスサークルにかりんとうを試食してもらい、「私のおいしい顔★」というテーマで写真撮影しfacebook上に掲載。同時にタグ付も行い、キャンペーンの口コミ効果を狙う。
■実施時期:10月~12月
■実施規模:首都圏5校
■反応効果:認知度アップに繋がった。
サークルの練習場所で試食してもらいその後実施したアンケートでは半数以上が商品に好感を示した。また、facebookの利用率が高い団体の選定でメンバー内での口コミがスムーズであった。

詳細を見る


IMG_1873

チョコレート菓子 学園祭

■展開内容:菓子メーカー主催のイベント告知チラシとお菓子の配布
■実施時期:11月
■実施規模:首都圏8校49,500部配布
■反応効果:短期間で効率よく配布できイベントも成功を収めた
イベント開催時期と勤労感謝の日を含めた連休で行われる学園祭のタイミングがマッチした為、学園祭での配布を実施

詳細を見る


図96

タブレット食品 学園祭

■展開内容:学園祭ステージにサプライズでタレントが登場し、試供品をサンプリング。学園祭内にもプロモーションブースを設置したアトラクションを盛り込む。
■実施時期:11月
■実施規模:首都圏、関西圏5大学で実施
■反応効果:ブースとステージ施作で学園祭をジャックしたことで、会場が盛り上がった。特に明治大学ではタレントがステージに登場した途端、メイン会場に学生が走って詰めかけ、即満席になった。

詳細を見る


図1

大手食品メーカー 学園祭

■展開内容:栄養調整食品を来場者へサンプリング
■実施時期:10~11月
■実施規模:都内3大学 20000個
■反応効果:福引の景品やパンフレットの同梱物として配布
上智大学 3日間で4000個
早稲田大学 2日間で8000個
慶應義塾大学 3日間で8000個

詳細を見る


図1

大手製薬会社 学園祭

■展開内容:新発売のエナジードリンクを学園祭で配布。
■実施時期:10~11月
■実施規模:首都圏20校75,000部
■反応効果:B5チラシも同数配布。
新商品ということで目新しく、「飲みやすい」等ポジティブな声が多数。

詳細を見る


図94

美容・ダイエットサポート食品 ミス&ミスターキャンパス

■展開内容:ミスコンブログ、サンプリング、クライアント賞にて告知
■実施時期:10月~11月
■実施規模:青山学院大学、慶應義塾大学のミスコン
■反応効果:ミスコンが好評で学生の認知度が上がった
コンテスト終了後、スポンサー賞の中から数人がWEB上のキャンペーンサポーターとして出演

詳細を見る


図51

食品会社 新入生勧誘チラシ

■展開内容:動画投稿キャンペーンの告知
■実施時期:4月
■実施規模:全国99団体 79,000部
■反応効果:新生活時期ならではの訴求
新入生勧誘チラシの裏面に広告を入れるだけでなく、チラシ受け取り時にキャンペーンの説明と商品をサンプリング。その他、大学内の書店にて栞広告を全国109大学95,250部実施。

詳細を見る


画像 1652

デモ販売 その他

大学内での「物販」テストマーケティング第二弾

■実施概要
パクチースナック
各校10箱120袋×3校=計360袋の大学内デモ販売

■日程
6月23日(水)~7月20日(水)

■大学とそのキャンパスに通学する学生数
中央大学多摩キャンパス 中央大学生協  20,979人
國學院大学渋谷キャンパス 国学院大学生協 8,205人
拓殖大学文京キャンパス 拓殖大学購買会  5,851人

■結果
205袋/360袋

好みの別れる商品でチャレンジした結果、他のスナック菓子が1ヶ月で120~240袋との事なので、良くも悪くもなかった。

詳細を見る