REPORT大学生実情レポート

東京2020大会に関する大学生の意識調査
発行日:2019/09/26

来年はついに東京2020が開催されます。

開催にあたり、国民の祝日に関する法律の特例が設けられ、7月23日(木)~7月26日(日)と8月8日(土)~8月10日(月)は連休となっています。

この特別措置の趣旨を踏まえ、大学側にも適切に対応することが求められており、開催期間中は大会に関連するボランティア活動参加のため授業や試験を行わないことを発表している大学も出てきています。


なかでも筑波大学は、東京2020における活動に対して全学的に協力する方針を発表しており、授業の一環として大会関連のボランティア活動に学生が参加し、教育上の成果が認められる場合には単位を付与する予定となっています。


そこで今回は、現在発表されている首都圏有名私立大学の大会期間中特別措置についてまとめてみました。


《慶應義塾大学》

・7月24日(金)から夏季休業

・祝日授業の実施


《明治大学》

・7月23日(木)から夏季休業

・ゴールデンウィーク中の全ての祝日で授業実施


《立教大学》

・7月24日(金)から夏季休業


《中央大学》

・7月23日(木)から夏季休業

・ゴールデンウィーク中の全ての祝日で授業実施


《法政大学》

・7月18日(土)(または17日(金))から7月28日(火)は試験期間

・試験期間中の祝日のうち、7月23日(木)は試験実施日、7月24日(金)は休日

・ゴールデンウィーク中の祝日の一部で授業実施


《國學院大學》

・7月23日(木)から夏季休業

・ゴールデンウィーク中の全ての祝日で授業実施


《帝京大学》

・7月24日(金)から夏季休業

・4月29日(水)は通常授業


《東洋大学》

・7月24日(金)から夏季休業


《国士舘大学》

・7月24日(金)から8月9日(日)までは「特別課題研究期間」とし、

 授業は行わず、特別課題で対応。

・選手、スタッフ、特定のボランティアとして活動する場合には、公欠扱い。


今回、情報が公開されている大学については東京2020の開会式前日または当日から夏季休業に入る大学が多く見受けられました。

学年暦の調整理由としては、ボランティア活動参加の促進だけでなく、交通機関の混雑が予想されることをあげている大学も多かったです。


例年よりも1週間以上早く夏季休業となる大学もあるため、大学内での広告展開をお考えの際には出稿タイミングの判断材料にしてみてはいかがでしょうか。

大学生 東京2020大会 アンケート
◆2.東京2020大会に関する調査

前述の通り、政府や大学は学生が積極的に大会に参加するように働きかけていますが、
当事者である学生のリアルな関心度はどの程度のものなのでしょうか。

東京2020に対する考えを調査してみました。

・東京2020にボランティアスタッフ(無償)として参加したいと思いますか?
はい  48%(男42人、女54人)
いいえ 52%(男58人、女48人)

・東京2020の観戦チケットを申し込みましたか?
はい  33%(男21人、女23人)
いいえ 67%(男79人、女80人)

・東京2020の開催が待ち遠しいですか?
待ち遠しい           43%(男39人、女47人)
どちらかといえば待ち遠しい   36%(男32人、女41人)
どちらかというと待ち遠しくない 11%(男14人、女9人)
待ち遠しくない         10%(男15人、女5人)

・個人的に気になっている競技を教えてください。
1位:サッカー            38人
2位:野球              23人
3位:陸上              22人
4位:競泳              18人
5位:テニス             16人
6位:バスケットボール、バレーボール 10人
※自由回答

東京2020で追加された5競技の中では、
北京五輪から除外されていた野球が2位と注目を集めましたが
一方で、スケートボード(4人)、空手(2人)、
スポーツクライミング(2人)、サーフィン(2人)の
4競技は追加競技になったと知らない学生もいるためか
気になっていると回答した学生は少数という結果となりました。

また、バスケットボールが6位というのは意外な結果でした。
NBAドラフト9位指名を受けた八村選手や
近年話題のBリーグの影響が考えられるのではないかと思います。

ボランティアスタッフとして働きたい学生は約半数で、
男女の内訳としては男性42人、女性54人と女性が少し多い結果となりました。

全体的に男女を比較すると男性の方が関心が低い傾向があり、
大学側の対応に比べ、学生たちの東京2020への関心は低いように思えます。

調査対象:サークルアップに登録している男子大学生100名、女子大学生102名
大学生 東京2020大会 アンケート