REPORT大学生実情レポート

超現金志向は変わらず。お金に関する意識調査
発行日:2018/06/28

ちょうど2年前のレポート「大学生のフトコロ事情って?」にて、大学生の9割以上が主な決済手段を現金と答えており、フトコロ事情が厳しい分、自分のお金の動きをリアルに把握していたいという実情を紹介しました。


※バックナンバーはこちら


世間では日本の現金主義が話題になっていますが、2年たった大学生のマインドの変化は・・・?


Q.コンビニでの支払い決済で最も多く利用する決済方法を教えてください。

現金…85.8%

電子マネー…10.8%

クレジットカード…3.4%


Q.少し高価なものを買う際に最も多く利用する決済方法を教えてください。

現金…64.1%

電子マネー…5.0%

クレジットカード…30.9%


高価なものの購入ではクレジットカードが健闘、コンビニ払いでも現金と答えた人の割合は9割以下に。


質問の仕方が異なるため単純比較はできないものの、世間的にキャッシュレス社会への動きが出始めているなか、大学生の意識にも微妙な変化が起きつつあるのかもしれません。


ちなみに、仮想通貨については5.0%が持っていると回答しています。


調査対象:サークルアップに登録している大学生男女60名づつ120名

※この調査の詳細は以下のプロジェクトの一環として行っています。

 https://butterflybutterfly.jp/