実績紹介

実績紹介の詳細写真をご覧いただくには、
弊社が不定期で配信しているメールマガジン「大学生実情レポート」への登録が必要になります。ご登録後にID/パスワードを発行いたします。
尚、個人情報はID、パスワード発行、「大学生実情レポート」の配信以外の目的以外の利用は
いたしません。

サークル手配

DSC01517

鉄道会社 旅行・レジャー

■展開内容:若者の旅行需要喚起のためのSNSキャンペーンに大学生を動員。
実際に自分たちだけで旅行に行ってもらい、その様子をインスタグラムに投稿してもらう企画と、旅日記形式のレポートを書いてもらい特設サイトに掲載する企画の両方に手配。
■実施時期:12~2月
■実施規模:約100組250人
■反応効果:日程が決まったツアーに対して随時手配。
実際には約350組900人を集めたが、枠オーバーのため抽選。
特設サイトやSNSと連動しトラフィック増につながる。

詳細を見る


DSC01517

政府出資特殊法人 その他

■展開内容:競馬の初心者向けセミナーに学生向けのコンテンツを組み込み、学生限定ツアーとして複数のサークルから20歳以上の男女を手配
■実施時期:5月
■実施規模:首都圏14団体計71人
■反応効果:普段競馬に触れることの多くない層で難易度が高かった
2ヶ月間の募集・交渉でクライアントの希望人数を集客。実際に馬券を購入することができ、参加学生からも「参加してよかった」「競馬のイメージが変わった」などの声が聞かれた。

詳細を見る


DSC01517

化粧品×玩具メーカーのコラボ商品 化粧品・美容

■展開内容:サークルT&T、サークルサンプリング
大学の部活やサークルに事前アポイントを取り、大学内や練習場、キャンパス周辺で、サークル毎にT&Tを実施。学生には、WEBへの掲載許可を文書にて交わしその場で写真撮影を行った。
■実施時期:12月~1月
■実施規模:25団体125人程度 1団体女性(学年問わず)5名で想定
■反応効果:好評によりプロモーションの大半がサークル施策へ変更
企業に来てもらうのではなく、学内や練習場などサークルで普段使用している指定場所に、こちらから訪問したので、クライアントからは、「企業と学生の取材にありがちな変な緊張感や殺伐さがなく、非常にリアルな生の声とアイデアをいただけた」と高評価

詳細を見る


写真1

大手乳製品メーカー 食品

■展開内容:「どっちの焼きプリン?半熟派×固焼派」と題したプロモーションで、半熟派プリンをチアリーディング、固焼派プリンを応援団に応援してもらい動画CMを作成
■実施時期:2月
■実施規模:2団体
■反応効果:出演交渉が極めて難しい2つの団体を同時に手配
それぞれの学生らしい応援スタイルのパフォーマンスがとても好評
チアリーディングの動画が応援団の約3倍の再生回数に達する

詳細を見る


1

製菓店 食品

■展開内容:高級かりんとうの販促
約150人が所属する慶應大学で最大のダンスサークルにかりんとうを試食してもらい、「私のおいしい顔★」というテーマで写真撮影しfacebook上に掲載。同時にタグ付も行い、キャンペーンの口コミ効果を狙う。
■実施時期:10月~12月
■実施規模:首都圏5校
■反応効果:認知度アップに繋がった。
サークルの練習場所で試食してもらいその後実施したアンケートでは半数以上が商品に好感を示した。また、facebookの利用率が高い団体の選定でメンバー内での口コミがスムーズであった。

詳細を見る


写真1

映画専門学校 資格・学校・教育

■展開内容:首都圏50大学以上の映画研究会の連盟「東京学生映画祭」のイベントに協賛し、映画専門学校の生徒募集をチラシ配布やポスター掲載で訴求。イメージ調査のためグループインタビューも実施。
■実施時期:3月
■実施規模:800部
■反応効果:実際に学校見学へも来てくれた
映画系のサークルのみに限定してアプローチできる媒体が今までなかったため、展開内容がターゲットとマッチしとても好評

詳細を見る


写真1

大手ゲームメーカー 娯楽・エンタメ

■展開内容:オンラインゲームのプロモーションで「東京6大学対抗戦」のサークル手配を行う
■実施時期:1月~3月
■実施規模:首都圏6大学×6人 計36人
■反応効果:以下の最高難易度の手配条件だった。
・PS3を1サークル内で6人所持する
・自宅にオンライン環境がある
・対戦時に合計18人のオンライン環境を同時に合わせる
以上の条件を満たす東京6大学のサークルを手配。
一般応募者が集まらなかった時の保険的な手配内容であったが、約1ヶ月間の交渉期間をかけて実現。

詳細を見る


写真1

大手ゲームメーカー 娯楽・エンタメ

■展開内容:PSPを使った「推理力検定 ナゾトキ模擬試験」のゲーム体験イベント。
上位校中心にミステリー研究会、体育会系サークル、ミスキャンパスなど総勢100名の学生を手配を行う。
■実施時期:7月
■実施規模:首都圏15校100名
■反応効果:正答率は14.3%。東大生がクリアできなかった一方、ミステリー研究会やミスキャンパスでクリアする学生がいた。

詳細を見る